• HOME >
  • 小人の妖精からのメッセージ

小人の妖精からのメッセージ

クリスマスのはじまり

Tloaervetu!(こんにちは)

私の名前は、トント エリージャ

私は、フィンランドの小さな町クーモに住んでいます。私は、トント、クリスマスの小さな小人の妖精です。サンタクロースのお手伝いをし、世界の子供たちにサンタクロースからのクリスマスプレゼントや、クリスマスのお手紙のお手伝いをしております。

フィンランドはたくさんの湖や山々に囲まれた国です。またサンタクロースの故郷です。国の西と南は、バルチック海、北西はスエーデン北にはノルウエイ、そして東ロシアの隣です。

国の面積はほとんど日本と同じくらい(フィンランド:338,424km2/日本337,944km2)人口は約550万人。だから私たち小人の妖精たちにとっては沢山住めるところがあります。何人小人たちが住んでいるのかは数えたことは、無いけどね。

僕の故郷のクーモはフィンランドのカイヌウ郡、ロシアの国境に近く、クーモはフィンランドではサンタクロースの小人の町として公式に認められている町で、その町の面積は東京より大きいんだ。人口はたったの8,950人。

ここ、クーモでは、人々はフィンランドの伝統を今でも守り、大切にしています。人々はフォークミュージック、フォークダンスを愛し、子供たちは今でも伝統的な遊びを愛しています。

クリスマスのはじまり

クーモは沢山の湖や山々に囲まれた美しい町、またいろいろな野生動物が住んでいるんだ。
熊、オオカミ、イタチやヤマネコ。フィンランドの大切なトナカイもここに住んでいるんだよ。僕たち、小人のよう背もたくさんここに住んでいるよ。もしこの町に訪問する機会があれば、この野生の動物たちを見ることが出来るよ。
もっと僕たち小人の妖精がどうしてサンタクロースと仲の良い友達になったのか知りたい?では説明しよう。

クーモでのサンタクロースと小人たち

サンタクロースってどんなひと?

ずっとずっと昔、僕ら小人たちは人々のお屋敷に住んでいたんだ。その人々の家事や庭仕事、森や畑仕事、いろいろなお手伝いをしていました。でも人々は小人には、実際に会ったことがありませんでした。人々は何か魔法が起きたと思っていました。たとえば、夏のベリーの収穫の季節に、バスケットが急に一杯になったり。

しかし時がたち、人間は、僕たちのお手伝いが必要としなくなり、僕たちは北方に旅立ちました。

クーモの町で、僕たちはサンタクロースと会い、いっぺんに友達となりました。僕たちの歌声や、僕たちの人々に好かれる性格がサンタクロースに好印象を与え、サンタクロースから一緒に住まないか?と招待を受けました。
このような訳で、サンタクロースのお手伝いをすることになり、お友達となりました。
サンタクロースがコバントリイの山に移るとき、多くの小人たちは、サンタクロースのお手伝いをするため、クーモの町に留まることにしました。今、僕達はサンタクロースと小人の工房で働いているんだ。もちろんいつでもこの工房に歓迎するよ、そして郵便局を訪ねたり、特別な勉強もね。ここで、サンタクロースは、コバトントリがとても忙しくなる前に、世界中の人にお手紙を書くため、静けさと自由な時間をみつけるんだ。
みんな、サンタクロースがコバトントリ丘に住んでいることを知っているが、コバトントリの小人とサンタクロースの魔法の国を見つけることはできないんだ。

クーモにサンタクロースと小人の工房があるのは、近くの山々に上質の樹木がたくさんあるからです。この木々で、素晴らしいサンタクロースのプレゼントや紙の生産ができるから。
幸いにも僕たちは、森にすむ小人たちと仲が良く、彼らほど森や動物たちを知っているものはいないと思うよ。彼らはプレゼントのため一番上質な木材を探してくれ、またいつ伐採するするとよいのかも知っているんだ。

サンタクロースと小人の工房

サンタクロースのプロフィール"

【クーモの僕たちの工房】

写真は、僕たちのとても仲の良い、ランタンを振るウー(Uwe)氏が載っています。ウーさんはサンタクロースのお手伝いをし、サンタクロースのクリスマスプレゼントやお手紙を、世界の人々のために制作をし配達をしております。サンタクロースと小人はウーさんが心にかけて作る品質の高い、伝統的な作品が大好きです。だから、サンタクロースのための特別なプロデューサーと言われております。
サンタクロースと小人の工房では、小人たちと、紙製品、木工品を制作しております。ここに日常の姿を写真で紹介します。

クーモの冬

サンタの赤い服のひみつ

クーモの冬はとても長く、時々とてもとても寒くなります。クリスマスの時期には、町や森は深い雪に埋もれ、人々は居心地の良い家の暖炉の前で過ごしています。このころには、大変な仕事のサンタクロースのクリスマスギフトの製作で忙しく過ごします。
実際、夏の時期より冬の時期のほうが、私たちに合うことが出来ます。この冬の時期には、サンタさんのために、メッセージを送ったり、配達をしたり忙しくやっているからです。
いつでも、クーモの町の私の工房にご訪問ください、歓迎いたします。

クリスマスまでの約4週間(キリストの最後の審判の日)、サンタクロースはクーモの町のクリスマスパレードに参加します。小人たちにとって、このパレードをとても楽しみにしており、サンタクロースと人々と一緒に過ごすことは、とても素晴らしい雰囲気を味悪ことが出来るからです。

サンタの赤い服のひみつ

そのほかの楽しみは森の中をそりに乗ることです。クーモの町の森をトナカイや犬ゾリで冒険することです。とても興奮する経験になりフィンランドの冬の美しさと静けさが経験できます。

ところで小人の妖精たちと熊が、昔、友達だったということを知っていますか?
12世紀に小人の妖精“カルキジャ”は、カレンジャルビの山の熊ヨウノワナにはまった茶色の熊を助けました。その時より、小人の妖精と熊は、仲の良い友達になりました。
その時以降、定期的に僕たちは、その友達の熊に会いにゆきよく遊びました。冬の雪の深いとき、友達の熊は冬眠中です。夏の季節、ここクーモでは熊の観察旅行に参加でき、運が良ければ、野生の熊を隠れたところから見ることが出来ます。